Amuse Museum で古作こぎん刺し。













先日、こぎん刺し着物が展示されるとの情報を頂き、
浅草に行って参りました。
↓こちらの展示です。

===============================





『布を愛した人たちのものがたり展』
期間:2009年11月1日(日)~2010年2月28日(日)
展示内容:世界初公開展示となる国指定重要有形民俗文化財<津軽刺し子着物>やテキスタイル・アートコレクション<BORO>
展示点数:延べ 100 点を順次展示予定

===============================















古作こぎん刺し着物は20着近く飾ってあり、間近で観られます。
青森でもあんなにまとめて観られるところは無いのでかなり貴重です。
今後、月1で行くかもです( ^ ^ ;
















また、説明が丁寧なので、読み応えのある展示でした。
田中忠三郎先生という蒐集家が足で集めただけあって、
読んでいるうちに当時の声が聞こえるようなリアリティを体験できます。



 こぎん刺し以外にも、BOROと呼ばれる
つぎはぎの着物も展示されていました。
















この平面構成、かっこいい。














つぎあてという節約から生まれたはずなのに
オシャレさを感じてしまうのは僕だけでしょうか。
こぎん刺し同様、生活に根ざした先人のアイデアがいかされている気がします。



















アイヌの模様も、大胆で好きです。















裂き織りという、布のリサイクルの実演もありました。
織り姫さんが、
『着なくなった服を持ち寄り、布を裂いて織るんです。』
と説明しながら手慣れた感じで織っていました。
布ならなんでも裂いて組み合わせて、しましま柄が出来る。
これって、すごいエコだと思いました。


















南部菱刺しも何点かありました。
派手でかわいいです。

展示品は写真撮り放題、一部を除いて触り放題でした。


やっぱり、今でも古く感じない手仕事に
惹かれる自分を再認識しました。

コメント