投稿

7月, 2018の投稿を表示しています

【10/3〜5開催決定!】津軽でこぎん刺しを味わい尽くす2泊3日『なるほど!こぎんツアー』

イメージ
こんにちは、kogin.netの山端です。 先週日曜は「第2回 古作こぎん研究会 in 浅草」@アミューズミュージアム、月曜は「なるほど!こぎんツアー説明会」@ひろさき移住サポートセンター東京事務所と沢山のこぎん好きな皆様にお会いできて嬉しかったです。人が集まると、新しい情報が集まり、新しい企画が生まれる。そんな瞬間が何度もありリアルイベントの醍醐味を味わうことができました。当日は、遠方からも来ていただいたり、どちらも本当に楽しい会でした(^^)酷暑の中、会場までお集まりいただき誠にありがとうございました〜!
有楽町でのイベントは、ありがたいことに新聞各社にも掲載いただきました。 こぎん刺しの聖地津軽にどうぞ/弘前市出身者ら、東京・有楽町でPR(Web東奥) - Yahoo!ニュース

そして、本日は以前より沢山のお問い合わせをいただいている『なるほど!こぎんツアー』のご紹介をさせていただきます!お申し込み方法は、下のほうに記載しますのでご希望の方はじっくり読んでご検討願います。

カワイイだけじゃない!こぎんデザイナー山端家昌と巡る 「なるほど!こぎんツアー」 おそらく、史上初となる津軽の「こぎん刺し“だけ”」を巡るツアー。 サブタイトルは『カワイイだけじゃない!こぎんデザイナー山端家昌と巡る』ということで、こぎん刺しの歴史を知り、古作こぎん着物を沢山みて、なるほど!と言ってもらえるよう山端がご案内いたします。津軽のこぎんディープスポットを味わい尽くす2泊3日。 それでは、ツアーの見どころをちょこっとご紹介。
《1日目》10月3日(水) -こぎん刺しのルーツを訪ねて-




初日は《12:30  弘前駅集合》東京から午前中に出発すれば到着できます!移動手段に関してのご相談もお申し込み先の『たびすけ』さんまでお気軽に◎初青森でも大丈夫ですよ!弘前駅から中型バスで移動、こぎん刺しのルーツである砂子瀬・川原平の歴史や佐藤陽子こぎん展示館を巡り古作こぎんも堪能してから【アソベの森いわき荘】へ宿泊します。※《特別公開》は、本ツアーでのみ特別に公開していただける場所で、通常は公開していない場所や作品が含まれています。
《2日目》10月4日(木) -こぎん刺し復興の先駆者たち-



2日目は、アソベの森いわき荘にて「《特別公開》古作こぎん鑑賞会」を開催!古作こぎん蒐集家でもある石田昭子おばあち…

【8/27開講】みて、きいて、刺して深める 『こぎんの学校 2018』@青森県弘前市

イメージ
こんにちは、kogin.netの山端です。
猛暑という言葉がぴったりな東京。先週は半袖では寒いくらいの涼し〜い青森にいたので温度差に体がビックリしています(^^;)この夏から秋にかけては毎月のように東京〜青森を往来する予定があるので、体調管理に気をつけて夏を乗り切りたいと思います。みなさまも熱中症注意です!


さて、本日はこの夏から弘前で始まる、こぎん刺しイベント『こぎんの学校2018』のご紹介です。
こぎんの学校は、こぎん刺しや津軽塗り作家の作品を展示・販売する津軽工房社と、こぎん刺しの雑誌「そらとぶこぎん」を制作するそらとぶこぎんプロジェクトによる協同事業です。こぎん刺しをみて、きいて、刺して体感し、楽しみながらこぎん刺しを深めていただくことを目的としています。

今年初開催となる弘前のこぎんイベントです!そらとぶこぎんの『ん』は針と糸でできているので、学校のロゴも合わせてデザインしました。ご参加の方は、こぎん刺しの雑誌『そらとぶこぎん』で予習しておくのがおすすめです!


◆1時間目: “幻のこぎん映画”「津軽こぎん—高橋寛子」上映会&高橋寛子さんの図案を刺すワークショップ
こぎん刺しの復興に尽力した高橋寛子さん(1925〜2015年)に迫ったドキュメンタリー映像(監督:伊勢真一氏、昭和53年、25分)を特別上映。上映後、佐藤陽子こぎん展示館(弘前市)主宰の佐藤陽子さんを講師に、寛子さんの作品に見られる特徴的な図案を刺すワークショップを開催。



◆2時間目:
山端家昌による「古作こぎん研究会」in 弘前 Vol.2
「kogin.net」を主宰するグラフィックデザイナー・山端家昌さん(おいらせ町出身、東京都在住)とともに、こぎんの歴史を振り返りながら、明治期のこぎん刺し着物等を手に取って観賞。会の最後に、参加者の皆さんの作品を観賞し合う時間も。よろしければ作品をご持参ください。


◆会場は前川建築の代表作『弘前市民会館』!
今回の会場は、弘前市民会館 大会議室(弘前市下白銀町1-6)です。建築やデザイン界で有名な前川國男建築設計事務所が手がけた重厚なコンクリートの建物です。弘前こぎん研究所さんの建物も前川建築です!弘前市内には前川建築が沢山あるので、建築好きな方はレンタサイクルを借りて巡ってみるのも楽しいですよ!
弘前市の前川建築 - 弘前市民会館




◆8月27日(月)開…

【7/23入場無料】津軽でこぎん刺しを巡る「なるほど!こぎんツアー」東京説明会のお知らせ。

イメージ
こんにちは、kogin.netの山端です。 サッカーW杯、日本代表のみなさまお疲れ様でした!日本からの応援では寝不足の方も多かったですよね。今回は、ご縁あって青森県出身の柴崎岳選手プロデュースのスパイクにこぎん刺し模様を入れるお手伝いをkogin.netが担当させていただきました。
柴崎岳選手(ヘタフェCF)とのコラボレート企画青森津軽地方の伝統工芸「こぎん刺し」がモチーフの"U by GAKU コレクション"を『アンブロ』より発売 - DESCENTE LTD.|株式会社デサント

そのおかげか足元のスパイクが結果よりも!?気になる日々でした〜(^^)アンブロさんの動画でスパイクについて語っている柴崎選手の後ろにはこぎん刺し模様手ぬぐいも!


こぎん模様がワールドカップで世界にお披露目されているのは、なんだか現実離れしているような不思議な感覚でした!柴崎選手の次なるチャレンジも、引き続き応援していきたいと思います。


満員御礼!第2回 古作こぎん研究会 in 浅草 まずは、2018年7月22日開催の古作こぎん研究会in浅草(アミューズミュージアム)は、おかげさまで午前午後の部とも満席となったと連絡いただきました。早々にご予約いただき感謝申し上げます!リピーターの方もいらっしゃるそうで、今回はどんなこぎんトークが飛び出してくるか、自分自身も楽しみであります!当日も若干名は入場できそうなので、ご興味ある方は会場までお越しいただければと思います。詳しくはこちらの記事で



こぎんでつなぐ!東京でイベントを開催します。 そして、研究会の翌日7月23日(月)には『なるほど!こぎんツアー』の説明会&申込み受付会を開催させていただけることになりました!会場は有楽町駅から徒歩1分の交通会館6階にある『ひろさき移住サポートセンター』。その名の通り、弘前への移住をサポートしてくれるところなのですが、今回のこぎんツアーも弘前を知っていただくキッカケになるのではということで全面的にサポートしていただき開催決定しました!
なんと入場無料!先着順での事前申込制です。 全面的サポートのおかげで、入場無料でこぎん情報が集まるイベントです。ゲストによるこぎんトーク、こぎんツアーの魅力をお伝えします。第一部のゲストや司会メンバーも、実はこぎんツアーへ同行するメンバーなので聞いてみたいこ…