投稿

《追加開催決定!》【3月4日】東京でこぎん刺しを語り尽くす!『古作こぎん研究会 in 浅草』

イメージ
こんにちは、kogin.netの山端です。
東京でも雪が積もったり、北国生まれとしては雪かきの仕方を伝授したくなる今日この頃です。2月中頃に青森に行く予定ができたので、寒さ対策をばっちりして出かけたいと思います!

さて、新年早々ご紹介したこぎんマップ、沢山の方に見ていただけているようでありがとうございます!1月末で1200回以上もご覧いただけたそうで、誰かの役に立っていたらいいなと思います(^^)

このマップを受けて、教室の生徒さん達からは「青森こぎんツアー開催してください!」と言われます(^^)いつか実現させたいものです!


◇◇◇◇◇

本日は、そんな青森に行く前に、東京でも古作こぎん刺しを楽しんでしまおう!という、こぎんイベントを企画したので参加募集のお知らせです。昨年創刊された『そらとぶこぎん』でこぎん刺しの歴史にも興味を持っていただけた方々にも、是非ご参加いただければと思っております!

その名も、『古作こぎん研究会 in 浅草』 開催場所は、2016年のこぎんワールド展でもお世話になったアミューズミュージアムさん4Fです。東京のこぎんイベントでお馴染みとなりつつありますね!

今回の古作こぎん研究会では、青森から貴重な古いこぎん刺し着物を数点持ってきていただき、写真を撮ったり手で触れながら見所をご紹介、文献でたどるこぎん刺しの歴史や模様、こぎん刺しに関する情報交換など盛り沢山な内容です。

ポイントはこちら!

明治〜大正期に作られた古作こぎん刺し着物を間近で写真撮影会!
そのほとんどが文化財に指定されているアンティークの『古作こぎん刺し』。写真を撮れる機会も限られているので、ご自身のカメラでバッチリと記録として残していただきたい!

手で触れたり拡大鏡で観察しながら古作こぎんの秘密をご紹介!
手で触れて、間近で観察できるのは貴重なチャンスです。手紡ぎ糸の糸の撚りや身頃の合わせ方までじっくり研究しましょう。

文献からこぎん刺しの歴史や模様について語り尽くす!
古作模様と民藝運動後に作られた模様の境界線、時系列で文献を紐解く、現代のこぎん模様に関する事例など

ご自分の作品があれば、持ち寄って自己紹介!
以前、国領で開催していた古作こぎん研究会ではみなさんが作った作品や試作品を持ち寄って自己紹介したり仕立ての相談をしたりしていたので、お持ちいただける方は是非!

その他、…

【こぎんマップ】今年こそ!青森でこぎん刺しを楽しむ、こぎん旅へ。

イメージ
新年あけましておめでとうございます! 平成30年ということで大台に乗った気分のkogin.net山端です。
本年も宜しくお願いいたします。

旧年は、新しいチャレンジとして発売した『koginツリー図案』が予想外の大ヒットを記録し、全国でこぎん刺しを愛する人の多さに驚いた一年でした。本年は更なるチャレンジも続けながら、全国でこぎん刺しをされている方々のお役に立てるような情報発信と様々なこぎん企画にも邁進していければと思います!

こぎんマップ、できました!

新年になると新しい事を始めたくなる…単純な自分ですが、そんな気分を利用してずっと作りたかった「こぎんマップ」Webバージョンを作ってみました。紙の「弘前こぎんマップ」はこぎんフェス立ち上げの際にデザインさせていただいたのですが、その時からは店舗も増えたりしていて情報を順次更新できるほうが便利かな〜という思いが以前からあり、せっかくなので対象を青森県内に広げて情報をまとめました!


こぎんマップ(Web版)とは? 青森県内でこぎん刺しを買えるお店や手芸店、古作こぎん着物を見られる展示館、こぎん刺し体験ができる場所、こぎん宿泊施設、こぎん刺しが飾ってある飲食店などなど、県外から『こぎん旅』に訪れた時にも楽しめるように編集しています。

「こぎん旅をするならココを廻ろう」と計画を練るのに使っていただいたり、Google mapを利用して作ったのでスマホやタブレットで開いて現地でお目当のスポットまで散策するのもおすすめです(^^)他には、空き時間に空想こぎん旅してみたり(笑)、地元の方はスタンプラリーのように全店制覇も目指していただければと!!



2018年1月現在、こぎんマップに掲載しているのは58スポットです!
※敬称略、順次追加していきます。


○こぎん常設展示
弘前駅前
ヒロロ(総合行政窓口)
弘前市立弘前図書館
川崎染工場
弘前市役所
佐藤陽子こぎん展示館
岩木茜橋
青森県武道館(ロビー)
田舎館村博物館
弘前地区環境整備センター
青森市民図書館
青森県立郷土館
青森県立図書館
あおもり北のまほろば歴史館 アピオあおもり
西目屋公民館
津軽伝承工芸館
弘前市立博物館(特別展のみ)

○こぎん刺し体験
弘前こぎん研究所
津軽藩ねぷた村
鳴海要記念陶房館
青森県観光物産館アスパム

○こぎん材料取扱店
つきや
しまや
杉見糸店

【東北スタンダード】こぎん刺し柄マスキングテープ、販売店舗のご紹介!

イメージ
こんにちは、kogin.netの山端です。
紅白のニュースを見聞きしたり、来年の予定を聞かれたりすると年末なんだなぁと実感します。来年もワクワクのこぎんプロジェクトがいくつか同時進行していますので、更なる高みを目指して頑張ります!


本日は、先日ようやく完成した『こぎん刺し柄のマスキングテープ』のご紹介です。以前、デザインを担当させていただいた「こぎん刺し模様 手ぬぐい」の東北スタンダードさんとのコラボレーション第2弾です。
こぎん刺しマステが届きました🤗❤︎ すごく可愛い💓💓ので使えないけど大切に使おうと思います💓ありがとうございました^ - ^ . #津軽工房社#マステ#こぎん刺し nodokaさん(@non.mie.acha)がシェアした投稿 - 12月 21, 2017 at 8:29午後 PST
実は、手ぬぐいの打ち合わせの際に『マステも作れたらかわいいですよね〜』とお話ししていたんです。それが、数年越しで願いが叶い実現しました!

今回のこぎん柄マスキングテープは、2つの柄がセットになっています。
【こぎんマステ】こちらは「こぎん模様てぬぐい」でお世話になっている東北スタンダードさんと一緒に作ったこぎん刺し模様のマスキングテープ、試作品。細かい模様まで再現されていて仕上がりが楽しみです(^^)11月中旬発売予定とのこと! pic.twitter.com/nrVHsUA58x — 山端家昌 (@kogin_net) 2017年10月23日
1つ目はモドコ柄。こぎん刺しの伝統柄を等間隔で配置しています。
手でちぎって1つひとつの模様を楽しんだり、並べて貼ってもかわいいです。

2つ目は総刺し柄。
こちらは、伝統の矢の羽刺し模様が横にずっと続いています。そして、模様を重ねて貼ると総刺し柄を作ることができます!刺さなくても総刺しが楽しめるッ(笑)


僕の第一印象の感動ポイントは、こんなに細かい模様が再現できるのか〜!ということ。そして、さっと貼るだけで濃いめの色味に繊細な柄なので、無地の封筒などにもアクセントとして使えるなぁと思いました!先日打ち合わせでお披露目した時には『可愛いマステが多いけど、これは大人っぽいから幅広い世代が使えていいですね〜』と褒められちゃいました。


◇◇◇◇◇◇◇こぎん柄マスキングテープ販売店舗のご紹介! そんな、こぎん柄マスキングテー…

【大好評】和の伝統模様でクリスマス。こぎん刺しで作る『koginツリー図案』

イメージ
こんにちは、kogin.netの山端です。

2017年も残りわずか、年末に向けて慌ただしい季節ですね。なかなかkogin blogの方は更新できていませんが(汗)来年に向けて今年のkogin活動を振り返っていきたいと思います。できれば年内分は年内に!



青森県津軽地方の伝統模様でクリスマス!
来週はクリスマスですね。サンタの皆さん、準備はできてますか〜(^^)我が家はクリスマスプレゼントのために、3歳の娘も毎日ご機嫌でサンタ様さまです〜!

そんなクリスマスに向けて新発売した、こぎん刺しで作る『koginツリー図案』。発売から1.5ヶ月ほど経った今も沢山のご注文をいただいており、想定していた数量の数倍で需要の多さにビックリしました!津軽のこぎん刺しも、全国で楽しんでいる方が沢山いるのだと実感しております。特に発売初日は1日で100件近いご注文をいただき先着プレゼントも増量させていただきました。


当初の在庫もあっという間に無くなり増刷もさせていただき、ほんと、お買い上げ頂いた皆様がSNSなどでお知らせしてくれたり、リアルで口コミしていただけたおかげです。


koginツリーが生まれた背景は? そもそも、こちらの『koginツリー図案』が生まれた背景としては、以前、デザインとして作っていたツリーのデザインを新百合ケ丘産経学園こぎん教室の生徒さん達に刺してもらうため課題として制作したものです。その印刷の残りをおすそ分けするつもりで試しに商品化してみようと思ったのがキッカケです。

12月のこぎん教室では、生徒さんの作品も続々と完成!




koginツリー図案の材料は? koginツリーは麻布やコングレスなど様々な材料で刺すことができます。ただ説明書には作例としてつきやさんの材料を記載しています。その麻252(赤系)、品切れになっていましたが増産が完了し店頭に並んだようです!


つきやさんではkoginツリー図案もお取り扱いいただいております。折り目のないポスタータイプも店頭販売していただいておりますのでお近くの方は店頭でもご覧ください(^^)
こぎん刺し専用布を取り扱う青森県弘前市の手芸店つきやさん(0172-32-2727)にて、koginツリー図案の販売が始まりました!赤いのは昨日のこぎん教室生徒さん完成作品です(^^)https://t.co/qR19wrP1gTpic.twitt…