投稿

【9/26-10/1】浅草にこぎん刺し大集合!『津軽のこぎんとうるし展』@アミューズミュージアム

イメージ
こんにちは、kogin.netの山端です。
【満員御礼】まずは、先日よりお知らせしておりました『あおもりっていいなぁ交流会 in 東京 こぎんと生きる〜「津軽こぎん刺し」の可能性〜』に沢山のお申込みをいただきありがとうございます!9/21に満席に達したため申込を締め切りました。主催者もびっくりするような反響で、東京でのこぎんファンの多さに驚いているそうです〜(^^)SNSなどでも告知にご協力いただき感謝申し上げます! ※最新情報はfacebookイベントページから!

さてさて、来週から始まる見逃せない展示会『津軽のこぎんとうるし展』のご案内をいただきました!こちらでも一足お先に、津軽で生まれたこぎんが今も愛され続ける理由が解明できると思います(^^)3種の古作こぎんが勢揃い!弘前に行かないとなかなか手に入らないこぎん作品が集まるという贅沢!そして6日間だけの開催ッ!どうぞお忘れなく行ける日をカレンダーに○印つけておいてくださいね〜!

勝手ながら、いろんなところにアップされている情報をまとめたいと思います! 来月 開催する展示販売会【津軽のこぎんとうるし展』のDMが完成しました。 とても素敵な写真にわくわくが止まりません。 近く、東京都内と近郊のお客様へお届けさせていただきます。またフォロワーの方でDMをご希望される方に郵送でお届けしますので、お気軽にDMをください。 『津軽のこぎんとうるし展』 日時 2017/09/26(火)〜2017/10/01(日) 10:00〜18:00(最終日16時迄) 場所 AMUSE MUSEUM 2F 手仕事のギャラリー&マーケット 東京都台東区浅草2-34-2 ARTIST kogin-atelier tubom、cokia*、think*pink、fecco、kogin de jewel®︎、sun3、monderiko、kogin*bear style、北の星座、harcogui、大石 栄子、*Mitoya*、*miasa*、米谷 文子、TSUGARU ARTISTIC&CO こぎん収集家 石田昭子さん所蔵の古作こぎんも展示いたします。 #津軽工房社 #こぎん刺し #kogin #japanembroidery #japan #伝統工芸 #手仕事#handmade #浅草#アミューズミュージアム #津軽のこぎ…

【入場無料】こぎんと生きる~「津軽こぎん刺し」の可能性~

イメージ
こんにちは、kogin.netの山端です。
9月に入りましたが、夏のような暑さも戻ってきたりで外出時は何着て行こうか迷いますね。寒暖の差が激しい季節の変わり目、風邪などひかれないようご自愛くださいね。

さて、本日イベントのお知らせです。約1ヶ月後に東京でこぎんイベントが開催されます!
今回は、青森県が運営するサイト『あおもりっていいなぁ』の交流会イベントとしてこぎんをテーマに開催されます。


今回の見所は3つ!
幻のこぎん映画「津軽こぎん-高橋寛子-」上映会雑誌「そらとぶこぎん」メンバーによるトークショーフレームとクルミボタン作りのこぎん刺しワークショップ
《スケジュール》
13:30~ 開場
14:00~ オープニング
14:05~ ドキュメンタリー上映「津軽こぎん-高橋寛子-」(1978年)
14:30~ トークショー こぎんと生きる~「津軽こぎん刺し」の可能性~
15:30~ こぎん刺しワークショップ(事前申込)
16:30~ 終了


◆まず、お申し込み方法はこちら!定員になりましたら、申込者優先での入場になるそうなのでワークショップ参加ご希望の方以外もなるべくお申し込みください!


専用のフォームからお申込みいただくか、
必要事項を電話、FAX、メールにて申込先へお知らせください。

申込先:青森県地域活力振興課移住・交流推進グループ
電話:017-734-9174(直通)
FAX:017-734-8027
メール:ijukoryu@pref.aomori.lg.jp
専用フォーム:http://bit.ly/2x7Qocb


※最新情報はfacebookイベントページから!

幻のこぎん映画上映会
「津軽こぎん-高橋寛子-」(1978年)
ドキュメンタリー映画監督の伊勢真一氏の初期作品。津軽こぎん刺しを現代に伝える上で大きな功績を残したこぎん作家の高橋寛子さんと、その夫で陶芸家にしてこぎん研究者の一智さん(ともに弘前市)の足跡を紹介した貴重な映像を上映します。
※こぎん刺しのドキュメンタリー、初耳の方も多いかと思いますが、1978年に番組のために撮られた映像です。今回、主催者チームが伊勢監督に会いに行って上映をお願いしたそうです。
◆《トークイベント》
こぎんと生きる~「津軽こぎん刺し」の可能性~ 津軽こぎん刺しに関わるゲストのお三方が、それぞれの活動を通じて見えてきた、生業としての「津軽こぎん…

【2017年版】秋のこぎん刺し教室、全6回の講座内容を大公開!!

イメージ
こんにちは、kogin.netの山端です。
東京は残暑ですが、北のほうからは涼しい夏、寒いぐらいという声も聞こえる8月末。夏も終わり、秋が始まりますね〜。この秋は東京で貴重なこぎんイベントや、新しいキットの発売も控えておりますので、また告知が始まったタイミングでお知らせさせていただきます!

本日は、この秋10月から始まる新百合ケ丘産経学園『こぎん刺しの楽しい小物づくり』講座をご紹介!すでに3年以上もお付き合いいただいている方もいらっしゃる「こぎん教室」。土日に開催しているので平日はお仕事や家事に忙しい皆さんも、この時間は落ち着いて自分のこぎん時間にできると好評です(^^)今回はよくいただく質問へのアンサーとして、どんなことを学べるのかをご紹介します。

【よくいただく質問 1】
Q.『初めの6ヶ月でどんな内容を学ぶんですか?』 →A.はじめはこぎん刺しの構造や基礎を学んでいただきます。具体的な全6回の講座内容をご紹介します!
◇1ヶ月目『メッシュでこぎん刺し』 初回はこぎん刺しが生まれた背景や、構造を知っていただき基本的な針運びや糸処理を学びます。カラフルな太糸とメッシュを使うことで、初心者の方にも布目の数え方を楽しく直感的に理解できるよう工夫しました。
◇2ヶ月目『こぎん刺しミニフレーム』 いよいよ2ヶ月目からは布に刺します。本講座では、布目が粗めのこぎん専用布を取り寄せているので、比較的刺しやすいです。とは言え、細かい作業なので(^^;)布目が見づらい方は、普段お使いの眼鏡や拡大鏡・ルーペなどを使って刺しやすい環境を整えていきます。
◇3ヶ月目『こぎん刺しペアコースター』 伝統柄とアレンジ模様のペアコースターを作ります。アレンジは伝統柄をベースにしていますが、現代の感覚で人気の図案をチョイス。組み合わせも無限で、どんなコースターが揃うか毎回楽しみの1つです(^^)糸の保存方法も皆さん工夫されていて、こちらもとても勉強になります。
◇4ヶ月目『フィルムを使ってオリジナルの図案制作』 当講座でうまれた、オリジナル図案を作れる工作キット。模様の重ねや配置、図案を書く際の注意点を学びながら、A3サイズの図案を作成します。布目に合わせた、専用の方眼紙を用意しているので書くだけで刺した気分になってしまうというウワサです(笑)
◇5ヶ月目『パネルやマットの大きめ作品にチャレン…