投稿

【第4日曜】伝説の展示館『こぎんの家』一般公開! ※2019年6月〜9月限定

イメージ
こんにちは、kogin.netの山端です。
この夏は岩木山1625こぎんの巨大タペストリー展示、道の駅 津軽白神のこぎん展など青森の西こぎん方面でこぎん刺しの見所がいっぱい。
そんなところに更に嬉しいニュースが飛び込んできました!なんと、あの故前田セツさんが作った『こぎんの家』が2019年6月〜9月の第4日曜限定で一般公開されるそうです!こぎん刺しに関わるものとして、一見の価値どころか何度も通いたくなる『こぎんの家』。その魅力を「なるほど!こぎんツアー」の下見で特別に撮らさせてもらった写真と共にお伝えします。

◇『こぎんの家』一般公開のお知らせ!
昭和からこぎん刺しの普及に尽力された、岩木町こぎん研究会代表の前田セツさんが開いた「こぎんの家」。お亡くなりになってから20年余り、一般公開されておりませんでしたが、弘前市岩木地区地域おこし協力隊の支援活動により、このたびご家族のご厚意で期間限定公開されることとなりました。(告知チラシより)
=================
注意事項
※施設にはトイレがございません。
※写真・動画撮影はご遠慮ください。
*お車は 鼻和町会駐車場をご利用下さい。(徒歩4分)
*路上駐車はご遠慮ください。
*住宅地ですのでご配慮ください。
=================

◇前田セツさんは昭和こぎんブームの立役者! 前田セツさんは、地元青森はもちろん首都圏でも教室や展示会でこぎん刺しを広く宣伝してくれた大先生で、お弟子さんも沢山活躍されています。現代にこぎん刺しをつないでくれた重要人物なのは間違いないです! そらとぶこぎん第2号にも掲載されていましたが、弘前の手芸店「つきや」の前身、「花邑(はなむら)」オリジナルこぎん布の開発に関わったり、英語版のこぎん書籍をいち早く発刊、復刻もされた「津軽こぎん刺し」という著書でも有名です。


【過去記事】
前田セツ著『津軽こぎん刺し』復刻のチャンス!

◇「なるほど!こぎんツアー」で特別公開! 昨年開催した「なるほど!こぎんツアー」では、特別に下見と見学をさせてもらえました。僕も初めての見学させてもらいましたが圧巻の作品数にビックリ!ツアー参加者からは『もっと時間をかけてみたかった』『ここに来られてよかった』という声も多数寄せられた、こぎんファンにとっては見逃せない場所かと思います! 『こぎんの家』には、昭和のこぎんブーム…

【ベルメゾン】こぎん×デザインに注目!こぎん刺しキット第3弾、発売!

イメージ
こんにちは、kogin.netの山端です。
暑い日も増えて夏が近づいてますね。令和元年5月23日に発売された初の自著『青森市所蔵 古作こぎん刺し着物 写真集 コギン〈1〉2冊組』は、おかげさまで様々なメディアでご紹介いただきありがたい限り!皆さんから古作写真集での新発見!投稿もあり勉強させてもらっています。
【コギンの謎】縦長になるはずが、確かに現代のコングレスのような正方形ですね。機織りのトントンの力が強い人か、麻の繊維を柔らかくしてから織ってこぎん刺ししたのかもしれません。興味深いです! https://t.co/zqKZzL9Fwp — 山端家昌 (@kogin_net) June 3, 2019



この投稿をInstagramで見る


コギン<1> 古作こぎんのスゴさをみつける。 図案をひかず 拡大することもなく 一段一段刺しながら 微調整して角をだす。 まちがいなんてない。 テクニックとアイディア。 自分なりに駆使してみた(^^) #こぎん刺し#こぎん刺し図案集 #こぎん刺し写真集#しまや#ダルマこぎん布 yoshiko yokoshimaさん(@yopee.y)がシェアした投稿 - 2019年 5月月22日午後6時37分PDT

写真集コギン〈1〉を店頭やネット通販していただいている取扱店も増えているので、後ほどまとめてご紹介させていただければと思います。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇


さて、本日はこの春発売になったこぎん刺しキットのご紹介です。
ベルメゾンで有名な千趣会様の手作りアイテムが揃うkura labo(くららぼ)さん。2016年からお仕事させてもらっていて、今回も新たなこぎん刺しキットデザインのご依頼をいただき、2019年4月から発売となりました。千趣会マンスリークラブ 12ヶ月シリーズのこぎん刺しキット第3弾です!
ベルメゾンのkura laboこぎん刺しキット、第3弾!