投稿

2018の投稿を表示しています

【こぎんブーム?】こぎん刺しの歴史から見る『こぎんの今』と『秋のこぎん展情報』

イメージ
こんにちは、kogin.netの山端です。
みなさんお元気ですか?僕の方は、来週ついに「なるほど!こぎんツアー」が初開催されるのが楽しみでしょうがないです!その前にお仕事もたくさんあるので、ご迷惑かからないよう進めます(汗)最近の投稿はお知らせばかりが続いていたので、たまには僕の頭の中を書いてみようと思います。下の方には、この秋の「こぎん展情報」もあります!



最近、講演会などで講師に呼んでいただく事が多くなり、「こぎん刺し」について改めて考える機会も増えてきました。
弘前でこぎんの学校 奥深さ堪能 by 陸奥新報 こぎん刺し活用しよう、弘実高で講座|文化,教育|青森ニュース|Web東奥 津軽伝統技術を生かす、黒石商業高で講義 - 津軽新報0713紙面

「こぎん刺し」ってブームなの? こぎん刺しがブームと言われて久しいですが、僕からすると、やっと正当な評価がされてきたという感覚があります。いや、上から目線とかそういうんじゃなくて…です。 というのも、過去に民藝運動を牽引した柳宗悦がこぎんを指して語った、
『名も無い津軽の女達よ、よくこれほどのものを遺してくれた』  こぎん刺し復興の鍵 『工芸』14号 | koginbank
『これらの二つは日本の刺子着としては一番手を込めた立派なもので、技から見ても美しさからいっても、農民の着物としては第一流のものでありましょう。これも雪に埋もれた長い冬の日の仕事であるのはいうまでもありません。今も冬はあり今も女たちはあり今も技が残るのですから、こういう刺子こそ何か新しい道で活かすべきではないでしょうか。』(柳宗悦 手仕事の日本 - 青空文庫

これらの言葉を用いて表現してきた価値が、これまで伝わりきっていなかったということだと思うんです。

その土地で生まれた土産品、素朴な風合い、時間のかかる手仕事、、という見方でこぎんを捉えると、他の地域も魅力的な特産品が幾らでもある日本国内では埋もれてしまうというか。。。例えば日本の手仕事で名刺入れを買おうと思った時に『織物』『印伝』『型染』『泥染』『絣』『紬』『和紙』などなど強力なライバルがいるし、青森県内でも『菱刺し』『裂織』『刺し子』といったものとも競合することになる。ほんと日本はいいものが多いし、ネットで情報が伝わるのはいいことですが、表面だけをきりとって『カワイイ』『カッコイイ』は沢山あるん…

【新百合ケ丘産経学園】秋のこぎん教室「土日の講座」募集スタート!ワークショップも開催!

イメージ
こんにちは、kogin.netの山端です。
月一回、土日に開催している新百合ケ丘産経学園の『こぎん刺しの楽しい小物づくり』講座、2018年10月期生の募集が始まりました!最近、『土日に開催している講座は珍しい』と生徒さんに言われて、確かに平日のこぎん刺し講座が多いと気づきました!平日はお仕事や予定がある皆さんも、どうぞお気軽にご参加ください◎


2018年9月29日(日)には体験講座として、こぎん刺しワークショップを開催します。13時半からスタート!お気軽に、秋らしい『クルミの針山作り』を体験してみませんか。ご参加お待ちしております!

お問合せはWebサイト、お電話にて。 TEL 044-965-0931(新百合ケ丘校)
2018年 9月29日(土)13:30〜

こぎん刺し好きな人に向けて開催している講座内容をSNS投稿からご紹介します。
【申込受付中】4年目を迎えるこぎん教室。こぎん刺しの先生をやって気付いたことを記事にしました!18年4月期生と3/25、3/31のワークショップもまだまだ募集中です(^^)
※kogin blog: 【新百合ケ丘産経学園】3年間こぎん刺しの先生をやってみて分かったこと! https://t.co/vLqVOUXPnepic.twitter.com/MuiTQCy9BB — 山端家昌 (@kogin_net) 2018年3月21日
【新百合ヶ丘産経学園】今日のこぎんデザイン講座のテーマは『こぎん刺し模様の分解』。古作模様の同じパーツが組み合わせ次第で無限に広がりました(^^)こぎん模様は分解しても美しい! pic.twitter.com/yzU6XHldbJ — 山端家昌 (@kogin_net) 2018年8月25日
本日の『こぎん刺しの楽しい小物づくり』受講生作品です。 左上は山端先生作品 同じパターンを使用しても溢れる個性が止まりません♪ #こぎん刺し #こぎん #山端家昌先生 #手芸 #手工芸 #刺し子 #日本伝統 #受講生募集中 #趣味 #習い事 #handcraft #art #カルチャースクール #カルチャーセンター #小田急線 #新百合ヶ丘 #新百合ヶ丘産経学園 sinyuri_sankeiさん(@sinyuri_sankei)がシェアした投稿 - 2018年 3月月24日午前4時06分PDT

こぎん刺しの楽しい小物づく…

【10/3〜5開催決定!】津軽でこぎん刺しを味わい尽くす2泊3日『なるほど!こぎんツアー』

イメージ
こんにちは、kogin.netの山端です。 先週日曜は「第2回 古作こぎん研究会 in 浅草」@アミューズミュージアム、月曜は「なるほど!こぎんツアー説明会」@ひろさき移住サポートセンター東京事務所と沢山のこぎん好きな皆様にお会いできて嬉しかったです。人が集まると、新しい情報が集まり、新しい企画が生まれる。そんな瞬間が何度もありリアルイベントの醍醐味を味わうことができました。当日は、遠方からも来ていただいたり、どちらも本当に楽しい会でした(^^)酷暑の中、会場までお集まりいただき誠にありがとうございました〜!
有楽町でのイベントは、ありがたいことに新聞各社にも掲載いただきました。 こぎん刺しの聖地津軽にどうぞ/弘前市出身者ら、東京・有楽町でPR(Web東奥) - Yahoo!ニュース

そして、本日は以前より沢山のお問い合わせをいただいている『なるほど!こぎんツアー』のご紹介をさせていただきます!お申し込み方法は、下のほうに記載しますのでご希望の方はじっくり読んでご検討願います。

カワイイだけじゃない!こぎんデザイナー山端家昌と巡る 「なるほど!こぎんツアー」 おそらく、史上初となる津軽の「こぎん刺し“だけ”」を巡るツアー。 サブタイトルは『カワイイだけじゃない!こぎんデザイナー山端家昌と巡る』ということで、こぎん刺しの歴史を知り、古作こぎん着物を沢山みて、なるほど!と言ってもらえるよう山端がご案内いたします。津軽のこぎんディープスポットを味わい尽くす2泊3日。 それでは、ツアーの見どころをちょこっとご紹介。
《1日目》10月3日(水) -こぎん刺しのルーツを訪ねて-




初日は《12:30  弘前駅集合》東京から午前中に出発すれば到着できます!移動手段に関してのご相談もお申し込み先の『たびすけ』さんまでお気軽に◎初青森でも大丈夫ですよ!弘前駅から中型バスで移動、こぎん刺しのルーツである砂子瀬・川原平の歴史や佐藤陽子こぎん展示館を巡り古作こぎんも堪能してから【アソベの森いわき荘】へ宿泊します。※《特別公開》は、本ツアーでのみ特別に公開していただける場所で、通常は公開していない場所や作品が含まれています。
《2日目》10月4日(木) -こぎん刺し復興の先駆者たち-



2日目は、アソベの森いわき荘にて「《特別公開》古作こぎん鑑賞会」を開催!古作こぎん蒐集家でもある石田昭子おばあち…