【当日レポート】大盛況!こぎんブックマーケット2019初開催のご報告!

こんにちは、kogin.netの山端です。 3/31アミューズミュージアムが閉館になったり4/1新元号が発表されたり、あっという間の1週間でしたが、、ちょうど1週間前の3月30日(土)は、こぎんブックマーケット2019本番でした!

本日は、こぎんブックマーケット主催者の当日レポートをお伝えします!少しでも、会場の熱気が伝われば嬉しいです(^^)

10時から出展者の搬入スタート!

みなさん、短時間の搬入に合わせて手際よく並べていて、さすがの一言です!開場前はみなさん余裕の表情でした。設営が終わった方はちらほらと他の作家さんの様子を見たり、お手伝いしてくれたり。

この後の状況は、ここにいる誰も想像していなかったと思います(笑)

待機列が6階から1階まで!

なんと、開場前には待機列が。列の長さは綿商会館の階段に沿って6階から1階まで延びていて外まで続いていたとのこと!大行列でお待ちいただき、ありがとうございます!

先着順プレゼント『ひろさと舎 りんごジュース』

先着順のりんごジュース(25本)は、6階に並んでいただいた前半組のみなさんに。 ご協賛いただいたつきや様ひろさと舎様ありがとうございました!

こぎんブックマーケット2019スタート!

2019年3月30日11時、こぎんブックマーケット2019開場! 会場には続々と行列順で皆さんがご来場。警備員などいないのに綺麗に列を作っていただき大変助かりました。行列が途切れず、エレベーターで6階まで上がってきたみなさんも入り口付近で押され気味な状態。

入場開始から数分で、すでに100名以上の方が会場に。

4時間で約900名近い来場者数!

本当に沢山の方がこぎんブックマーケット2019を楽しみにしてくれていたんだと、来場記念のしおりセットを配りながら嬉しくなりました! ちなみに、ご来場記念のしおりは前半は手渡しできていたのですが、後半はバタバタとしていて配れませんでした。終了後、数えると約800枚お持ち帰りいただいておりました。 受付の様子から後半は100名さま以上がしおりシートよりも作家さんを目掛けて入場されていたようなので、、イベント4時間でおよそ900名近いご来場があったようです。

※正確なカウントはできておりませんので推測ですが、出展者の皆さんには、もっといたのでは?と言われました(汗)

こぎん刺しコミケ、爆誕!

熱気に包まれた会場は、短時間だからこその濃さがあり、一般的なハンドメイド系マーケットとは違う空気感があったかと思います。その秘密?というか、参考にさせていただいたのが、毎年何十万人もの方が来場する『コミックマーケット(通称:コミケ)』です。本イベントの核となる「こぎん刺しのコミケ」というアイデアは、実は当日スタッフとしても活躍してくれた妻のアイデアなんです。メインビジュアルも妻が描いてくれました!
イラストレーターの妻は結婚前にコミケやデザイン・ハンドメイド系などイベントに行ったことがあり、同人誌の作り方やイベント運営の仕方など詳しく調べてくれたおかげで、こぎんブックマーケットも初回ながら迷わずに開催できたんです。「こぎん刺しのコミケ」というコンセプトがなければ「こぎんブックマーケット」は生まれていなかったと言っても過言ではなく、身内ながら拍手を送ると共に、すごい人だなぁとつくづく感心します!

撮影禁止にしたワケは?

本イベントではコミケを参考に会場内は撮影禁止とさせていただきました。このSNS時代に逆行しているかもしれませんが、純粋にお買い物することで手に入れられる喜び、作家さんのアイデアを守ったり、展示作品へのリスペクトなどを大事にしたいと思い撮影禁止とさせていただきました。本意としてはご来場いただいた方と、出展者だけのスペシャルな体験にしたいという思いがあります。

今回はそこまでの余裕がなかったかもしれませんが…リアルイベントならではの『この作品かわいいですね』や『これはどうやって仕立てているんですか』など会話も楽しんでもらえるといいなと思っています。また、SNSではつながっているけど、実際に会うのは始めてというかたに会えるのもイベントの醍醐味ですよね。

記念撮影はポスター前で!

会場内撮影禁止の代わりに、会場外や1階には大きめのポスターを用意し記念撮影を楽しんでいただきました。またメディア取材やスタッフは撮影許可証を発行しておりましたので、この記事では少しだけ会場の熱気もお伝えできているかと思います。 上の写真はこぎん界の大御所の大先生。お忙しい中、ご来場いただきありがとうございます!

本作りで作家さんとファンをつなぐ!

こぎんブックマーケットでは、こぎん刺し・菱刺し作品の他に『本作り』を推奨しており、今回のこぎんブクマに向けても沢山の方々が本やキットを発売してくれていました。
『作品集にサインください!』『キットで作ってみたい』など、ちょっとしたコミュニケーションが出展者と来場者をつなぐ架け橋になれたらなと考えています。そこから作家さんとファンの絆が生まれて、次回作へのアイデアやパワーもいただける。応援してもらえると元気も出てくる感じで、いい循環が巡っている、そんな場にしていければ「こぎん文化」はどんどん広がっていくと思うんです。

本やキットは早々に売り切れになってしまったものもあったようですが、可能な限り紹介してみます!(うちのが載ってないよ、という方はお気軽に事務局までご連絡くださいね!追加掲載します。)


















告知へのご協力、感謝申し上げます!


こぎんブックマーケット2019は、初めての開催にもかかわらず東京で沢山のお客様にこぎん刺し・菱刺しの『今』を伝えることができました。DM配布にご協力いただいた青森県内の皆様や都内企業様のご協力のおかげで広く告知できたと思っております。また、投稿にいいねやシェアしてくれた皆さんも立派な立役者。そして、なんといっても出展者の皆さんが何度もSNSなどで告知してくれたり、目玉商品を用意してくれたおかげで『行ってみよう!』と思ってくれた方々の積み重ねでこんなにも多くの方が集まったんだと確信しております。ご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございました!

当日、忘れ物もありました!




こぎんブックマーケット2020、開催決定!

最後に、来年は2020年3月28日(土)開催です!出展者募集は2019秋からスタートし、会場のスペースや配置など工夫を凝らしていきますので今年出展できなかった方や来場できなかった方も、ぜひ『こぎんブックマーケット2020』を楽しんでいただければと思います!


kogin.net 山端 家昌(ヤマハタ イエマサ)

コメント

このブログの人気の投稿

【ベルメゾン】レベルアップ!こぎん刺しキットが出来ました!

伝統のモドコで遊ぼう♪ 75種類のこぎん刺しアレンジ完成!

【フェリシモ×kogin】縫製済み!こぎん刺しキット新発売のお知らせ!

【大好評】和の伝統模様でクリスマス。こぎん刺しで作る『koginツリー図案』※2018年11月更新

【第2期】こぎん刺しの楽しい小物づくり講座、始まります!

【星野リゾート】界 津軽「津軽こぎんの間」

弘前こぎんマップ!

【こぎんマップ】今年こそ!青森でこぎん刺しを楽しむ、こぎん旅へ。

前田セツ著『津軽こぎん刺し』復刻のチャンス!

【DMC×koginコラボ】大人のこぎんキット、誕生。